MENU

着やせのテクニック【引き締まっている部分を見せる】

『着やせのテクニック【引き締まっている部分を見せる】』

 

「太っている」なんて自覚があると、とにかく隠したくなるかもしれません。確かに、自身のない部分は隠すのもひとつの策でしょう。

 

が、これも程度によりけりです。その隠したことにより着太りしてしまっては逆効果でしょう。

 

まず気をつけなければならないのは、首筋です。

 

ハイネックはNGです。どんな人も太って見えます。特に丸顔の人や首の短い人は致命的です。オフタートルかVネックを選ぶようにしましょう。チラリとでも鎖骨が見えるようなものがいいでしょう。

 

次に手首と足首。両方とも隠れているようだと、ぼってりとした印象を与え、胴体までズン胴に見えます。両方とも見せるのが正解です。

 

特にそでが七分程度のベルスリーブはおすすめのアイテムです。選ぶポイントはそでの部分の太さがゆるめにできているもの。その先から出ている腕の部分がほっそりと見えることでしょう。

 

逆に、きっちり目のものを選んでしまうと、二の腕のたるみや肩のむっちり感を強調してしまうことにもなりかねません。注意しましょう。

 

また、アクセサリー類も気をつけましょう。手首に書けるようなものは、太さを強調してしまうことがあります。手首はスッキリとさせるのが原則です。

 

同様に七分丈パンツなどは、足元を細く見せてくれるでしょう。また、ジーンズなどでも、そのまま履くのではなく、すそを折ってくるぶしまで見せるだけでも印象が変わってきます。

 

こうやって足首を見せた上に、ヒールのある靴を履くと、一層細さを印象づけることができるでしょう。